ペイントホームズ
宮城中央店

艶感を保ちたい場合は、全艶ではなく5分艶や7分艶にするといい

艶の適度な調節: 全艶の塗料は非常に光沢があり、微小な傷や不均一な表面が目立ちやすく、また光の反射が強くなります。一方で、5分艶や7分艶の塗料は、やや控えめな艶を持ち、表面の不均一さや傷が目立ちにくく、光の反射も適度に調整されます。このため、艶有塗料よりも5分艶や7分艶にすることで艶感を保ちつつも、過度な光沢を避けることができます。

美観の維持: 艶のある塗料は、美しい仕上がりをもたらしますが、時間が経つと傷や汚れが目立ちやすくなることがあります。塗装された表面を定期的に清掃することは、美観を維持するために重要です。塗料表面の汚れや埃をこまめに取り除くことで、色の鮮やかさや光沢を保つことができます。柔らかい布やスポンジを使って優しく拭き取ることをお勧めします。強い圧力をかけたり、研磨剤を含む洗剤を使用しないように注意してください。

艶感を保ちつつも過度な光沢を避けるために、5分艶や7分艶など全艶塗料よりもやや控えめな艶を持つ塗料を選択するのが良いでしょう。ただし、具体的な使用環境や好みに応じて最適な艶を選択することが重要です。