ペイントホームズ
宮城中央店

外壁色の選択に付帯部の色が重要な理由

外壁色の選択は、建物の外観を決定する際に重要な要素ですが、同様に付帯部分も大きな役割を果たします。付帯部分とは、屋根、窓枠、玄関ドア、破風、樋など建物の外観を形作る部分を指します。付帯部分も時間とともに劣化していきます。外壁塗装を検討されるときに一緒に塗装されることが一般的です。これらの付帯部分と外壁色が調和することで、建物全体のバランスや美しさが高まります。

まず、外壁色と付帯部分の調和がなぜ重要なのかを考えてみましょう。

外壁色とその他の部分の色が調和していると建物全体の統一感が保たれます。しかし、付帯部分が外壁色と調和しない色を持っていると、建物全体の調和が乱れ、見た目が不自然になります。そのため、外壁色と付帯部分の色が調和し、バランスが取れるように色を選ぶことが大切です。

例えば、外壁色が暖色系の明るい色であれば、付帯部分も同じく明るい色調の屋根や窓枠、玄関ドアを選ぶことで、建物全体が明るく軽やかな印象を与えます。逆に、外壁色が暗めの色調であれば、付帯部分も暗めの色調の屋根や窓枠、玄関ドアを選ぶことで、建物全体が落ち着いた雰囲気を持ちます。

※付帯部分(幕板・樋)をあえて外壁色と逆の色にして差し色にするケースもあります

また、地域や建物の特性、周囲の環境も考慮に入れる必要があります。地域の気候や風土に合った色を選ぶことで、建物が自然に溶け込み、周囲と調和することができます。

最後に、外壁色と付帯部分の色を選ぶ際に、実際の建物に塗られたサンプルを見ることで、色の組み合わせがどのように見えるかを確認し、失敗を避けることができます。

外壁色の選択において、付帯部分も重要な要素であることを考慮し、建物全体のバランスと美しさを追求することが大切です。