ペイントホームズ
宮城中央店

ケレン作業の重要性:塗装工事における欠かせない下地処理

建物や構造物の塗装工事において、美しい外観や長期間の耐久性を確保するために欠かせない作業に、ケレン作業があります。ケレンとは、清掃や整理を行うことを指し、下地処理の一環として行われます。塗装前のこの作業で仕上がりにグンと差が出ます。その重要性は以下の点にあります。

1. 下地を整える

ケレン作業は、塗装を施す前に下地を整える役割を果たします。塗装が剥がれたり、サビが発生している箇所は、素地を平滑に整えることが必要です。下地処理を怠ると、どんなに優れた塗料を使っても仕上がりに影響が出てしまいます。ケレン作業によって、均一な下地を確保し、塗膜の密着性を高めます。

2. 汚れや不要な塗膜を撤去する

ケレン作業は、汚れや古い塗膜をしっかりと撤去することも重要です。表面の汚れや既存の塗膜が残っていると、新しい塗料が密着せず、耐久性や仕上がりに影響を及ぼします。ケレン作業によって、土台をしっかりと整えることができ、塗装の密着性が向上します。

ケレン作業は、塗装工事の品質を確保する上で欠かせないプロセスです。適切に行われたケレン作業によって、美しい仕上がりと長期間の耐久性を実現することができます。建物や構造物の外観や品質を維持するために、ケレン作業には適切な時間と注意が必要です。