ペイントホームズ
宮城中央店

外壁から雨漏り?雨の侵入原因は…

外壁塗装後に雨漏りが発生する場合、その原因は様々です。まず、外壁塗装自体の施工不良が考えられます。塗料が不適切に厚く塗布されたり、塗料の密着が不良だったりすると、雨水の侵入に繋がります。また、塗料の質や耐久性が低い場合も、外壁の保護が不十分となり、雨漏りのリスクが高まります。

さらに、建物の構造上の問題も雨漏りの原因となります。外壁にクラックや隙間がある場合、雨水がそこから侵入しやすくなります。窓周りのシーリング材が劣化している場合も同様です。シーリング材が劣化すると、隙間ができて雨水が建物内部に浸入しやすくなります。特に古い建物やメンテナンスが行き届いていない場合、シーリング材がひび割れたり剥がれたりしていることが多く、これが雨漏りの原因になります。これらの部分が適切にメンテナンスされていないと、雨漏りのリスクが増大します。したがって、クラックや隙間、窓回りのシーリングの定期的な点検と補修が、雨漏りを防ぐためには重要です。

また建物で雨漏りが起こる一般的な原因は、屋根や雨樋の劣化や破損です。屋根の瓦や防水シートが古くなると、雨水が建物内に浸入します。また、雨樋が詰まったり壊れたりすると、雨水が正しく排水されずに溜まり、雨漏りの原因になります。外壁同様に、定期的な点検と適切なメンテナンスが重要です。

雨漏りの原因を特定し、早めの対応が、建物の被害を最小限に抑えるために重要です。