今回は「景観~周囲の家から浮いてしまった」というトラブルについてお話しします。

多くの人は家を自分好みの色で美しく保ちたいと考えています。

現代では、様々な種類の塗料が揃っており、理想の色を選ぶことが容易になりました。ただし、周りの家や建物の雰囲気を無視して色を選んでしまうと、自分の家が浮いてしまい好きな色でも違和感が生まれることがあります。

色を選ぶ際に、個性を表現するのは良いことですが、周囲がシンプルな色調の外壁や屋根で統一されている中で、自分の家だけが派手で目立つ色だと、ご近所トラブルの原因にもなりかねません。実際、お気に入りの派手な色に塗り替えたところ、周りと調和せずに浮いてしまい、「色が派手すぎて不快だ」といったクレームが出ることもあります。

美しい景観を保つためには、市区町村によって景観ガイドラインが存在することがあります。これは、各都市が美しい環境を守るために制定したルールで、外壁の色などが一定の制限を受けることがあります。特に歴史的な地域では、外壁の色に関して厳しい規定があることが一般的です。

色を選ぶ際には、お住まいの地域に景観ガイドラインがあるかどうかを確認することが大切です。周囲の景観に調和する色を選ぶことで、美しい街並みを維持しつつ、自分の家を魅力的に演出することができます。

【対策】

・街並みを歩いてみて家の周辺を観察してみる

・建物と色が合うか確認する

・希望する色の実際の家などを業者に伝える

・住んでいる市区町村に景観ガイドラインを確認する