前回は「塗料とは…」についてお話させていただきました。

今回は油性塗料と水性塗料についてお話をしていきます。

油性塗料(溶剤塗料)について

前回のお話で、塗料に含まれる顔料・樹脂・添加物は液体で溶かす。その液体が水であれば「水性塗料」、シンナーなどの溶剤で溶かすのであれば「油性塗料」というお話をしておりました。

水は健康被害などには無害な液体といえますが、油性塗料に使用するシンナーは人体にとっても有害物質で、強烈な臭いを発します。臭いの感覚は個人差がありますが、気分の悪化や頭痛など人体への影響も考えられます。

「溶剤」と「弱溶剤」

油性塗料は希釈に使用する溶剤の違いで溶剤と弱溶剤に分かれます。溶解力が強い種類にはアクリルシンナーやラッカーシンナーなどがあります。

強溶剤で塗料を溶かして壁に塗っていく塗装工事というのが今までは主流でしたが、現在においては、外壁塗装における環境や人体への被害を少しでも減らすために、国で「VOC削減」という理念を掲げ、弱いシンナーでも溶けるような塗料「弱溶剤塗料」を開発しました。

弱溶剤塗料は、比較的に刺激が少ない塗料用シンナーで臭いだけでなく人体また環境への害も、以前に比べて少なくなっています。

どうしても油性塗料を使用したい場合は、弱溶剤タイプの塗料をおすすめします。

*VOC(揮発性有機化合物)とは、Volatile Organic Compounds)の略称。シックハウス症候群などの健康被害や、大気汚染などの環境被害を引き起こす原因物質の一つとされている。

水性塗料について

水性塗料は希釈に水を使う為、独特のシンナー臭が無い環境にも優しい塗料です。VOC削減で環境に良い塗料の開発が進んだことにより登場しました。水性塗料はシンナーを使用せず水で薄めるため、溶剤塗料に比べるて大幅なVOC削減効果があります。

水性塗料は無臭で安全ではありますが、臭いが全くしないわけではありませんので換気をする必要があります。

現在では水性塗料よりさらにVOCを減らした無溶剤型塗料やVOCフリー塗料も開発・研究が進んでおります。

 

さて次回は油性塗料・水性塗料それぞれのメリットデメリットについてお話ししていきます。