軒天とは?

軒天(のきてん)はどこに設置されてあるのか?建物の屋根の端部分、特に外壁との境界部分に位置しており、軒の裏側にある天井のことです。一般的に、屋根が外部から見える部分で、外壁と同様に建物の外観や耐久性に影響を与えます。

※ベランダやバルコニーの裏側も軒天と言います

軒天の特徴

軒天は雨水や風から外壁を守る役割があります。雨が風と一緒に吹き込むのを防ぎ、外壁を濡れから保護します。

太陽光からの直射日光を遮り、建物内部を冷却する効果があります。これにより、室内の温度を調整し、エネルギーコストを削減できます。

また軒天は建物の外観を美しく整えるデザイン要素もあります。様々な素材やカラーを使用することで、建物全体の印象を左右します。

軒天の役割

雨水から守る: 軒天は雨水が建物の外壁に直接当たるのを防ぎ、雨水を外側に流す効果があります。これにより、外壁の劣化や汚れを防ぎ、建物の耐久性を向上させます。

風通しの確保: 軒天は風の通り道を確保し、建物内部の通気性を向上させます。これにより、湿気やカビの発生を防ぎ、建物の健康維持に寄与します。

日射熱対策: 軒天は夏季において太陽光を遮り、建物内部の温度上昇を抑える役割があります。これにより、冷房の使用頻度を減少させ、エネルギーコストを節約します。

デザインとアクセント: 軒天は建物の外観を演出し、デザインの一部としてアクセントを加えます。様々な素材や形状を選択することで、建物の個性を表現することができます。

軒天は建物の保護や快適で安全な生活のために大きく影響を与える重要な部分です。外壁塗装を検討する際には、軒天の適切な取り扱いも含めて専門家のアドバイスを得ることが重要です。