普段なかなか見ることのない建物の屋根ですが、今回はその屋根塗装についてお話します。屋根塗装の手順は以下の通りです。ただし、具体的な手順は塗料や屋根の状態により変わる場合があります。専門家に相談し、特定の条件に合わせて手順を調整することが重要です。

1.下準備作業(下地処理)

屋根表面の清掃: 高圧洗浄機やブラシを使用して、古い塗膜や汚れ、カビを取り除きます。

穴や亀裂の修理: 屋根にある穴や亀裂を補修し、表面を平らに整えます。

付属品の取り外し: 屋根に取り付けられている付属品(ベントキャップ、フラッシングなど)を一時的に取り外します。

2.養生

塗装をしない箇所に養生シートを設置していきます。

3.下塗り(プライマーの塗布)

状態によっては、プライマーを塗布して塗料と屋根材との密着性を高めることがあります。

4.塗装(中塗り・上塗り)

基本的に屋根塗装は3度塗りですが、状態によっては4度塗り、5度塗りになる場合もあります。

5.完了検査

足場を解体する前に、業者と一緒に建物の仕上がりを確認します。塗り残しや仕上がりに関する問題がないかをチェックします。気になる箇所が見つかった場合はすぐに業者に伝えましょう。

※工事が完了したら足場が設置されてあるうち業者と一緒に確認をしましょう