建物において欠かせないコーキング。

時間の経過とともに劣化する可能性があります。その主な要因と、それに対する対策を以下にまとめました。

劣化要因

自然の影響

紫外線に毎日晒されることでコーキングは劣化し、表面が傷んでしまいます。また温度変化による収縮や膨張が、コーキングの劣化を促進します。

対策

耐候性の高いコーキングの選択:太陽光や気温変化に強い耐候性を持つコーキングを選ぶことで、長期間の効果を期待できます。

湿度と水の影響

湿度の高い場所では、コーキングが湿気を吸収して柔らかくなり、その結果、劣化や腐敗しやすくなります。また長期の水の浸透もコーキングの密封性を低下させます。

対策

防水性の確保:高い湿度環境でも効果を発揮する防水性の高いコーキングを選び、水の浸透から建物を保護します。

振動や衝撃

建物の振動や外部からの衝撃がコーキングを損傷させ、劣化を引き起こします。

対策

柔軟性と強靭性を考慮:大きい振動や衝撃などの物理的なストレスにも強い柔軟で強靭なコーキングを選ぶことで対処できます。

経年劣化

コーキングは時間の経過とともに老化し、柔軟性や密封性が低下します。

対策

定期的なメンテナンスと交換:定期的な点検とメンテナンスを行い、劣化が進んでいる場合は早めにコーキングを交換することが重要です。

これらの対策をとることで、コーキングの劣化を最小限に抑え、建物の耐久性を維持することが可能です。