訪問販売業者が、「今日中に契約すれば値引きします」「急がないと大変なことになります」「特別にモニター価格にします」「足場代を無料にします」といった手法で契約を急かすことが一般的です。こうした手法に引っかかり、急いで契約しないと後悔するケースが多く見られます。

このようなトラブルを避けるためには、以下の対策が重要です。

【対策】

・即決せず冷静に考える: 営業担当者が「本日中に契約すれば値引きする」といったプレッシャーをかけてきた場合でも、即決は避けましょう。信頼性のある業者であれば、しっかりと検討する時間を与えてくれます。

・曖昧な断り方を避ける: 訪問販売担当者にはっきりと断りましょう。曖昧な返事ではなく、興味がないとはっきり伝えることが大切です。

・クーリングオフ制度の理解: 訪問販売で契約を結んだ場合でも、クーリングオフ制度がある国や地域では、一定期間内に契約をキャンセルできる場合があります。これについて事前に知っておきましょう。

・モニター価格や特別価格に注意: 「特別にモニター価格にします」といった言葉には慎重になりましょう。通常の相場や他の業者の見積もりと比較検討することが重要です。

・相場の把握: 外壁塗装の相場を調査しておくことで、高額な見積もりにだまされることがありません。複数の業者から見積もりを取ることも有益です。

・信頼性の確認: 訪問販売業者の信頼性を確認するために、口コミや評判を調べ、事前に業者の情報をリサーチすることが大切です。

・口頭での契約は避ける: 契約は必ず書面で行いましょう。口頭だけで契約すると、トラブルが生じた際に証拠がなくなる可能性があります。