今回は「追加請求」トラブルについてお話しします。

「見積もりよりも安い金額で契約したものの、工事中に急な追加工事が発生し、追加請求された。」このようなトラブルを避けるためには、以下の対策が重要です。

○入念な現場調査: 契約前に丁寧な現場調査を受け、どの部分が塗装され、どのような補修が必要なのかを詳細に把握しましょう。

○追加工事の理由の説明: 追加工事が発生した場合、その理由を細かく説明してもらいましょう。不具合や補修がなぜ必要なのか理解することが重要です。

○契約書の取り決め: 契約書を通じて取り決めを明確にしましょう。追加料金に関する事項や作業内容が契約書に明記されているか確認しましょう。

○口頭ではなく契約書を交わす: 重要な取り決めや条件は口頭でなく、契約書にしっかりと記載してもらいましょう。書面があればトラブル時に証拠として利用できます。

○追加料金に関する確認: 契約以外の作業が発生した場合、それに対する料金が発生するかどうかを事前に確認しましょう。

工事中に疑問が生じたら、進める前に工事を一時中断し、納得できるまで状況を確認しましょう。ただし、一部の場合には追加請求が発生することがあります。例えば、現地調査では分からなかった不具合の発覚や、お客様からの追加要望、または施工時の不具合などです。こうした状況でも、事前にしっかりと話し合い、合意が得られるようにしましょう。」