こんにちは。ペイントホームズ宮城中央店の椎名です(^^)

今年も残すところ数日となりましたが、気を引き締めて工事をさせていただいております!

本日は、塗装工事のおいての劣化診断について掲載いたします。

劣化診断とは、工事をする前の現場調査の際に劣化したり破損している箇所の写真を撮り、お客様にお出しするものです。

劣化診断は塗装工事において欠かせないプロセスです。

必要性:

  1. 隠れた問題の発見: 目に見えない劣化が、建物の構造や外観に影響を与えることがあります。劣化診断は、目に見えない問題や潜在的な損傷を発見するための手段です。

  2. 効果的なメンテナンス: 劣化診断に基づいた適切なメンテナンスは、建物の耐久性を維持し、将来的なトラブルを回避するために重要です。必要な補修や対策を行うことで、劣化の進行を防ぎます。

  3. トラブル回避: 正確な劣化診断は、塗装工事におけるトラブルを未然に防ぐ役割を果たします。劣化した部分を修復せずに塗装を行うと、塗膜の剥がれや耐久性の低下などの問題が生じる可能性があります。

塗装工事を検討される際に、業者選びが大切になってくると思いますが、しっかり現地調査をし、劣化診断まで出される業者をお勧めいたします。未然に追加工事を防ぐことも可能になってきます。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

塩竈市、仙台市、富岡市、宮城郡を地域密着で塗装工事をさせていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。